Tokyo Pistol

オンラインでスロットをプレイすると、本当にお金を稼げるか?

最近、宣伝などで目にすることが多くなったオンラインカジノ。

前面に出ているのは「オンラインスロット」ですね。

オンラインカジノはカジノなので、ルーレットやブラックジャック、ポーカーなども当然存在します。

しかしスロット機種は次々に新しい機種が追加されるため、どうしても注目されます。
実際、オンラインカジノのゲームの9割がオンラインスロットです。

では実際のところ、オンラインスロットは本当にお金を稼ぐことは可能なのでしょうか?

そもそもオンラインスロットとは?
オンラインスロットとは、オンラインカジノでプレイできるゲームです。
ゲーム数は4,000以上存在するため一概には言えませんが、パチスロとの違いで比較すると以下の違いがあります。

 

オンラインスロット

パチスロ

リール数

3×5、4×6など横長

3×3(真四角に近い)

ペイライン

10~50ライン(100,000以上の機種も存在する)

5ライン

レート

0.1~100ドル

最大60円(コイン3枚掛け)

設定

無し

有り

RTP(平均)

約95%

約90%

ボーナス形式

フリースピン、ミニゲーム

ボーナス、ART

目押し

無し

有り

1回転あたりのスピード

約0.07~2秒

約4.1秒

 

RTPとは、プレイヤーへの還元率を示します。100%を基準としてそれ以上ならプレイヤー側、それ以下なら運営側に有利になります。

オンラインスロットは、一発逆転要素が高い!
最も大きな違いはレートでしょう。パチスロは最高でもコイン1枚20円で1ゲームに3枚必要なので60円です。

一方オンラインスロットはそれ以上のベットが可能です。表では100ドルとしましたが、機種によっては500ドルまでベット可能なゲームも存在します。

そして注目すべきは「1回転あたりのスピード」です。パチスロはフルウェイトで約4.1秒ですが、オンラインスロットはそれよりも遥かに早いです。

通常の機種でも1回転当たり1秒かからず、カジ旅の「Blitz」という機能を使用すると100回転で6~7秒程度でこなせる機種もあります。

このレートと回転スピードの速さで、あっという間に大勝ちする…といったケースも珍しくはありません。

文字通り億万長者になれる「ジャックポット機種」
「ジャックポット機種」とは、プレイヤー全員から賭け金額の一部を少しずつ貯め、不定のタイミングで当選者に一気に放出する機能です。

当たれば億レベルのお金が手に入ることもあります。

2021年4月にマイクロゲーミング社の「Mega Moolah」が、オンラインカジノ史上最高額である約25.5億円のジャックポットを輩出しました。

因みにMega MoolahのRTPは88.12%と決して高くなく、ジャックポットに特化しています。ハイリスクハイリターンな機種といえます。