Tokyo Pistol
アジア
について
ギャンブルで勝った場合、日本で税金を払う必要があるのか?

ギャンブルで勝った場合、日本で税金を払う必要があるのか?

日本国居住者である場合、オンラインカジノやブックメーカー・競馬やパチンコなどのギャンブルで得た利益にも、税金が課税されます。海外のサイトであっても、国内外で得た全ての所得に対して、全世界所得課税として課税されるので、海外カジノで得た収益も一時所得として所得税等の課税対象になります。
そして、一時所得として確定申告を行わないと脱税の疑いで税務調査を受ける可能性もあります。

但し、一時所得には50万円の特別控除があり、実際に一時所得で税金を払う必要があるのは50万円以上の利益が出た場合になります。つまり、50万円以下であれば確定申告は不要です。
ギャンブルでの利益は、年間の獲得金額で判断されるので、1回の勝負で50万円以上勝った場合も、一勝負ごとに少額で勝った金額が積み重なって年間50万円以上の利益になった場合も、同じ所得としてみなされます。

しかし、ここで注意しなければいけないのが、ギャンブルに投じた資金のうち、「負けた分は経費に算入できない」という事です。利益を得るまでに幾らお金を投じたとしても、その資金に対し、勝って得た利益との直接的な因果関係が証明できないので経費としての客観性が認められません。