オンラインでスロットをプレイすると、本当にお金を稼げるか?

アジア 支払い スロット について 連絡先 Latest Posts オンラインでスロットをプレイすると、本当にお金を稼げるか? 最近、宣伝などで目にすることが多くなったオンラインカジノ。 前面に出ているのは「オンラインスロット」ですね。 オンラインカジノはカジノなので、ルーレットやブラックジャック、ポーカーなども当然存在します。 しかしスロット機種は次々に新しい機種が追加されるため、どうしても注目されます。実際、オンラインカジノのゲームの9割がオンラインスロットです。 では実際のところ、オンラインスロットは本当にお金を稼ぐことは可能なのでしょうか? そもそもオンラインスロットとは?オンラインスロットとは、オンラインカジノでプレイできるゲームです。ゲーム数は4,000以上存在するため一概には言えませんが、パチスロとの違いで比較すると以下の違いがあります。   オンラインスロット パチスロ リール数 3×5、4×6など横長 3×3(真四角に近い) ペイライン 10~50ライン(100,000以上の機種も存在する) 5ライン レート 0.1~100ドル 最大60円(コイン3枚掛け) 設定 無し 有り RTP(平均) 約95% 約90% ボーナス形式 フリースピン、ミニゲーム ボーナス、ART 目押し 無し 有り 1回転あたりのスピード 約0.07~2秒 約4.1秒   RTPとは、プレイヤーへの還元率を示します。100%を基準としてそれ以上ならプレイヤー側、それ以下なら運営側に有利になります。 オンラインスロットは、一発逆転要素が高い!最も大きな違いはレートでしょう。パチスロは最高でもコイン1枚20円で1ゲームに3枚必要なので60円です。 一方オンラインスロットはそれ以上のベットが可能です。表では100ドルとしましたが、機種によっては500ドルまでベット可能なゲームも存在します。 そして注目すべきは「1回転あたりのスピード」です。パチスロはフルウェイトで約4.1秒ですが、オンラインスロットはそれよりも遥かに早いです。 通常の機種でも1回転当たり1秒かからず、カジ旅の「Blitz」という機能を使用すると100回転で6~7秒程度でこなせる機種もあります。 このレートと回転スピードの速さで、あっという間に大勝ちする…といったケースも珍しくはありません。 文字通り億万長者になれる「ジャックポット機種」「ジャックポット機種」とは、プレイヤー全員から賭け金額の一部を少しずつ貯め、不定のタイミングで当選者に一気に放出する機能です。 当たれば億レベルのお金が手に入ることもあります。 2021年4月にマイクロゲーミング社の「Mega Moolah」が、オンラインカジノ史上最高額である約25.5億円のジャックポットを輩出しました。 因みにMega MoolahのRTPは88.12%と決して高くなく、ジャックポットに特化しています。ハイリスクハイリターンな機種といえます。

アジアで一番のカジノはどこ?

アジア 支払い スロット について 連絡先 Latest Posts アジアで一番のカジノはどこ? 観光がてらギャンブルをしに海外へ行きたい…と思う方も居るでしょう。 アジアでカジノがある国はフィリピン、韓国、マカオ、シンガポール、マレーシア、カンボジア、ベトナムの7か国です。 フィリピン フィリピンは、国を挙げてカジノ事業に着手しています。 パサイエリアには巨大規模のシティオブドリーム、オカダマニラ、ソレア、リゾートワールドなどがあります。 誘致を積極的に行っているため、近い将来カジノ規模はマカオを抜く可能性があります。 さらにレートが安く、ミニマムベットが50円程度のカジノも多く存在します。 韓国 海を挟んではいますが、韓国は隣国。いうなれば日本から最も近いカジノがある場所です。 渡航費で考えるなら、最も安価で行けるでしょう。国内には10数か所程度あります。 ミニマムベットは250円程度です。 マカオ カジノと言えば、マカオ。マカオと言えば、カジノ。「世界のお金が集まっている」と言えるほどで、街並みも豪華。 「ベネチアン」は世界最大のカジノ複合施設で、カジノ部分の広さは何と東京ドーム1個分。テーブルゲーム700台、スロット6,000台があります。 ホテルの客室3,000室で、ショッピングモールも400店舗あります。カジノの雰囲気を味わうことが出来ますが、レートが高く、ミニマムベットが1,000円以上です。 シンガポール シンガポールは最近、カジノが解禁され、政府公認のカジノが2つあります。 1つは「マリーナベイサンズ」。カジノ以外に、地上200mに設置されている長さ150mのプールもあり、こちらは世界最大規模です。 もう1つは「リゾートワールドセントーサ」。こちらにもカジノのほか、世界最大規模の水族館があります。 外国人観光客をターゲットにしているため、どちらもレートは高いです。 マレーシア シンガポールの隣国、マレーシア。カジノは1つのみあります。 標高1,700mの高さにある雲の上のカジノ。遊ぶ際はマレーシアの通貨リンギットのみに対応しています。 カンボジア カジノが65か所にあるため、かなり多く存在します。 プノンペンから南のリゾート地にある「シアヌークビル」は、中国人観光客を狙ったカジノです。 また、タイの国境付近の「ポイペト」にもカジノが存在します。タイはカジノが禁止のため、それなりに栄えています。 ベトナム ベトナムにもカジノがありますが、全てマシーンゲームとなるため、ディーラーは居ません。 置き引きやひったくりなどが多発している影響で、海外のカジノのなかでは、治安は悪いほうになります。 2021年、ホイアンという都市に新たにカジノが設立される予定です。 まとめ アジアで一番のカジノは、レートで比較する場合は、財布に優しいフィリピンがお勧めですが、高レートでガンガン賭けることが好きな場合は、マカオが良いと思います。

ヴィーナスポイントのガイド

アジア 支払い スロット について 連絡先 Latest Posts ヴィーナスポイントのガイド オンラインカジノをプレイする上で必須ともいえるカジノ用口座のEウォレット。最近は銀行口座での入出金も可能なサイトも増えていますが、多くはありません。 対応していたとしても銀行口座から直接入出金する場合は反映されるまでに時間がかかる上、為替手数料が発生します。 そのため、Eウォレットを持っていたほうが何かとお得です。 今回はEウォレットの中でも代表的な「ヴィーナスポイント(Venus Point)」について解説します。 ヴィーナスポイントをお勧めする理由 ヴィーナスポイントにはメリットがたくさんあります。 まずは最大の特徴でもある「ポイントシステム」について説明します。 ギャンブルサイトへの送金で0.6%、ギャンブルサイトからヴィーナスポイントへの送金で0.2%のポイントによるキャッシュバックが行われます。キャッシュバックは毎月10日前後に反映されます。 基本的にギャンブルサイトとヴィーナスポイント間の送金手数料は無料なため、金額や回数が増えれば増えるほどポイントが貯まり、お得になります! 次の特徴として、対応しているギャンブルサイトが多いこと。 「Ecopays(エコペイズ)」を入出金手段として対応しているサイトが最も多いとされていますが、それに準じます。 ヴィーナスポイントの口座だけでも、大抵のカジノサイトへ入出金が可能です。 さらに、各ギャンブルサイトはヴィーナスポイントからの入金実績が無くともヴィーナスポイントへの出金が可能です。 通常は入金した決済手段のみに出金の対応をしています。 例えばEcopaysからカジノサイトへ入金したお金をヴィーナスポイントへ出金…といった操作も可能です。 2020年8月現在はマネーロンダリングの対策のため一部のカジノで不可となりましたが、「ベラジョンカジノ」や「カジ旅」といった大手のオンラインカジノは未だ対応しています。 登録方法・出金方法 メールアドレスを入力すると、そのアドレスに申し込みページのリンクが送られてきます。リンク先で必要情報を入力すると、登録が完了します。 銀行口座への出金方法は、事前に口座情報を入力して出金申請をするだけです。 午前8時までの申請は、当日中に振り込まれます。 午前8時以降は翌営業日に振り込まれますが、運が良ければ当日中に振り込まれることもあります。

SkrillとNetellerのどちらが良いか

アジア 支払い スロット について 連絡先 Latest Posts SkrillとNetellerのどちらが良いか オンラインカジノなどのギャンブルサイトへの入出金手段の1つとして、専用口座のEウォレットがあります。 2016年頃まではオンラインカジノへの入出金のためにEウォレットを作成する必要がありました。 現在は銀行振り込みや仮想通貨での入出金も可能なギャンブルサイトも増えてきていますが、Eウォレットでの決済手段が可能なサイトのほうが圧倒的に多いです。 今回は古参であるEウォレットのSkrillとNeteller、どちらが良いかについて解説をします。 概要 注意事項としてSkrillは2016年10月1日から、Netellerは2020年4月21日から日本市場へのサービスを停止しています。 理由としては「Optimal Payments」という会社が、SkrillとNetellerの会社を両方とも買収をしたため運営方針が変わったからと考えられます。 そのため、内容については以前の情報をもとに作成しています。 Skrillについて Skrillはギャンブルサイトへの入出金の他、Skrillへも直接銀行口座やクレジットカードやデビットカードを介して入金可能な口座です。 しかし日本のクレジットカード会社のセキュリティは厳しいため、クレジットカードからの入金はほぼ不可能となります。 Skrillへ入金するには実質銀行振込のみということになりますね。 利点としてはギャンブルサイトへの入出金手数料が無料なことです。 他、個人口座へ送金する際は1.0%の手数料がかかりますが、上限は10ユーロとなっています。 Netellerについて Netellerの最も大きい利点は、ATMで直接Netellerからお金を引き出せるカードが作成できることです。通常、ギャンブルサイトからお金を引き出すには カジノサイトからEウォレット(Neteller)へ出金 Eウォレットから銀行口座へ出金 銀行口座から出金 といった手順が必要です。 しかしNetellerのカードを作成していれば、2.の手順をすっ飛ばして最寄りのセブン銀行ATMなどから現金を引き出すことが可能となります。 Netellerから直接お金を引き出すことが可能なため、Netellerから国内の銀行口座へ振り込みをする時間も手間も短縮できます。 SkrillとNeteller、どちらが良い?ギャンブルサイトが両方の決済手段に対応しているならば、圧倒的にNetellerが良いです。 実を言うと、Skrillで可能なことはNetellerでも可能です。NetellerはSkrillの上位互換といってもいいほど機能が充実しています。 SkrillはNetellerと違い直接現金を引き出すことは出来ないため、利便性ではNetellerに軍配が上がります。